土地活用−駐車場経営のメリットとデメリット - 駐車場に車を停めること

土地活用−駐車場経営のメリットとデメリット

遊休地を手軽に活用する方法のひとつとして月極め又はコインパーキングなど駐車場経営があります。

マンション経営などと比較した駐車場経営のメリットは、設備や建設費用などの初期投資が少なくて済むこと、最低1台分の狭いスペースでも経営ができること、初期投資額が小さくて更地に近い状態なので事業に失敗してもダメージが小さくて済み他の用途に転用しやすいこと、駐車場には借地権が存在しないので経営をやめる際に利用者との間の立ち退きのトラブルが起こりにくいこと、日々のメンテナンス費用や手間があまりかからないこと、初期投資を徹底的に抑えて更地に近い状態のシンプルなものから2階建てかそれ以上の多層式またはタワー式まで、需要や初期投資にかけられる金額に応じて規模を自由に設定できること、周辺道路の違法駐車を減らすことができるので地域の交通環境の改善に貢献できることです。

駐車場を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

逆にデメリットとして、立地や周辺の道路などの条件により出来ないことがあること、初期投資が少なくて住むのでライバルが出現しやすいので利用者の減少や値下げなどを余儀なくされて最初の予定よりも収入が減少する恐れがあること、駐車場として何らかの建物や設備を設置しても固定資産とは認められず更地扱いとされるので金融機関から十分な融資を受けることが難しい場合があること、固定資産税の減免など税制上の優遇を受けることができずに税制上不利になること、マンションやテナント経営などと比較すると収入が少ないため長期的には効率が良くないことです。



このためビルやマンションを建設するまでのつなぎとして一時的に遊休地を駐車場にしているケースも多いのです。