リノベーションの業者の規模の違い

リノベーションは施工業者を決めてから工事がスタートしますが、施工業者は規模の違いや取り扱い内容により様々となっています。大手リノベーション会社には他にはないメリットも多くありますが、工事監理や顧客管理が徹底されており、不具合に対応する能力も高いのが特徴です。会社の規模の大きさを利用しシステム化して業務を進めていますので、資材の購入原価を抑えることが可能ですし、独自の工法により工期の短縮や工事内容の簡素化を図っています。また大手業者にはアフターサービスや保証をうけられるなど安心感の高さにもメリットがあります。

一方で小回りがきかないというデメリットもありますが、小さな工事には対応しなかったり、段階を踏んで進めていくため計画に時間がかかることもあります。小規模なリノベーション業者は融通が利くことがメリットになりますが、材料原価が高くなる傾向があるため工事価格が割高になるケースもあります。また工事監理が大手業者のようにシステム化されていないことから、作業にかかる人材の確保ができず工事が進まないケースもあります。もちろん全ての業者がこのような状態ではありませんが、業者選びによって変わる部分は大きいと言えます。

リノベーション業者の他には工務店や設計事務所に依頼することも可能ですが、解体工事を伴う作業のため実績や経験により品質に差がでてきます。大手リノベーション業者は実績や経験が豊富ですから、幅広い対応が可能となります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*